Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
青木新門氏がゲストにきまりました!
毎年恒例のヒーリングステージゲストが決まりました。
今年の講演ゲストは、青木新門氏です!!

第81回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した「おくりびと」の原作である「納棺夫日記」の著者として、メディアにも多数ご出演されていらっしゃいます。

私たちのNPOで名誉顧問をして頂いている帯津良一先生から、いつも、
青木新門氏の「納棺夫日記」を推薦図書としてご紹介頂いていた経緯もあり、この度、ヒーリングステージにお越し頂けることになりました。  
2009年10月12日のステージでは、「いのちのバトンタッチ」という演題で、90分たっぷりと御講演いただけることになりました。

今年も、「毎日の気功シンプルレッスン」10分間バージョンの表演や、
峨眉功、1分間養生操100人舞台を目指して準備を進めましょう。
どうぞ皆様、今からスケジュール確保を、よろしくお願い致します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

日 時:2009年10月12日(月曜・祝)
     13:00開場/13:30開演予定

会 場:藤沢市湘南台文化センター市民シアター

入場料:当日2,000円 前売り1,800円 (税込・全席指定)

お申込み・お問い合わせ先:

TEL&FAX:0466-23-1736 または FAX:0466-50-7752

E-mail;kokoroken@kxf.biglobe.ne.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

posted by: simplelesson | お知らせ | 21:13 | comments(37) | trackbacks(0) | - | - |
あけましておめでとうございます。
昨年中はひとかたならぬご厚誼をいただきまして、
誠にありがたく厚く御礼申し上げます。
本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

新年を迎える度に、自分なりのその年の目標や、
その時々の100日練(煉)功の計画などを立て、
実践を心掛けるようにして暮らしながら30年余り。
年と共にそれは日常化し、シンプルなものになっています。

今年は、特に「呼吸法の研究と実践」にフォーカスして、
「毎日の気功シンプルレッスン」(学研・DVD-BOOK・外山美恵子著)の、
アドバンスコースを提案し、楽しみたいと考えています。


NPO法人としての活動も皆様のお陰で、着実に充実した内容で、
昨年は、5月の遊行寺合宿に全国から80名以上の方がご参加下さり、
7月の中国景徳鎮気功研修旅行には60名以上のお申し込みを頂き、
10月のヒーリングステージには延べ総数200名もの方が出演して下さり、
NPO法人心とからだの研究会設立一周年目として、大変多くの方々と共に、
充実した一年を送ることができました。
これもひとえに皆様方のご協力のお陰と深く感謝申し上げます。

2009年も笑顔溢れる一年にして行きたいと思います。
皆様のご支援、ご協力をお願いすると共に、
皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り致しております。
posted by: simplelesson | - | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
認定講師及び普及指導員が誕生!
スピリチュアルな成長をめざし、
共に笑顔の輪を広げましょう!
NPO法人心とからだの研究会理事長 外山美恵子

 新緑の藤沢・遊行寺で、5月23日(金)〜25日(日)まで2泊3日で行われましたリトリートは、15歳から80歳まで総勢83名の参加で盛況のうちに無事、終了しました。その中で今回は、NPO法人心とからだの研究会第1回目の記念すべき認定講師及び普及指導員の実技試験が行われ、19名のNPO認定講師と、40名の「気功シンプルレッスン普及指導員」が誕生しました。

 その後行われました第1回通常総会において、人間性重視の認定試験を終えて、合計59名の方が今後、認定講師、及び「気功シンプルレッスン普及指導員」として活躍されることが報告されました。

 遊行寺リトリートの冒頭でお話し致しましたように、他のどこにもないような素晴らしい組織や運営活動の在り方を模索しつつ、認定試験においても、他のどこにもないような方法で行いたいという形で提案。

 参加者全員が審査員となって、当NPOの理事を対象とした講師認定の講義・実技審査を兼ねた講座と、正会員を対象とした「気功シンプルレッスン普及指導員」の審査を兼ねた講座を行いました。

 このリトリートでは、すべての方が平等で講師として前に立つ人も、受講している皆様も同じ立場で、お互いが共に学ぶ仲間として、研鑽し合う場として行きたい。人間性重視の審査ですが、当NPOが本当にやっていきたいことは、「笑顔の輪を広げること」ですから、五体満足の人ができる気功ばかりでなく、車椅子でも、百歳になっても、「笑顔で元気」でいられるような気功がやりたいわけです。ですから、80歳を越えても「元気で笑顔」の人は皆、講師や普及指導員になれる資格ガある訳です。事前に認定講師となる理事の推薦があることを前提に、全員参加で行いたい。当日参加できなかった講師認定希望者へは、過去の経験とリポート提出を義務付け、19名の理事が第1回認定講師として登録され、又、40名もの方々が第1回「気功シンプルレッスン普及指導員」として登録され、今後の展望が大きく開けました。皆様のご協力に心から感謝申し上げます。


posted by: simplelesson | - | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
――春4月・新年度、本格的スタート――
人間性を育て、社会性や、自主性に富んだ活動を進めましょう!
              NPO法人心とからだの研究会理事長 外山美恵子

陽光うららかな季節になりました。日頃から会員の皆様には多大なご支援をいただいておりますこと厚く御礼申し上げます。当NPO法人も初年度の事業計画を順調に終え、理事会・運営委員会の方々のご尽力で、4月より新たな夢と希望に満ちた新年度を迎えています。5月25日(日)には、法人格を取得してから初めての総会、「第一回通常総会」が開かれる予定です。思い返せば、昨年5月13日に設立総会が開かれ、22日正式受理されたことが昨日のことのように思い出されます。社会貢献を謳っての出発に際し、発起人会に集って下さった方々が一丸となって地道な努力を続けて下さっている結果が、確かな成果として現れています。新年度を迎えるにあたって、初年度の活動の成果を踏まえ、更に初心に立ち返り、皆様方の更なるご協力をお願いする次第です。“浩然の気”を養い、人間性を育て、社会性、自主性に富んだ活動を楽しく進めて参りましょう。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

【皆で次のステップへ進みましょう!】
NPO法人心とからだの研究会に入会して「ワンコインでしあわせ作り」の活動に参加して下さっている皆様、「この間、あなたはどんな気付きを得、どんな成長をしていらっしゃるでしょうか」。私の身近なところでは、‘發覆訐長に気付いてワクワクしている人や、△気蠅欧覆い海箸如屬靴△錣察廚魎兇犬蕕譴襪茲Δ砲覆辰真有どんな試練があっても、学びのチャンスだと思えるようになった、ご脅佞靴董喜びを感じて過ごす日々が多くなったという人が増えています。まさに「気が育ち」ゾ亟蕕領悗広がろうとしている証しだと思います。内なる成長、学びのチャンス、感謝、広がる笑顔など、当NPOのスピリッツが、日々の暮らしの中で、生き生きと輝き出している様子が伺えます。
地球温暖化や後期高齢者医療制度の問題など、世の中の状況はますます厳しくなっています。だからこそ、お互いに助け合い、智慧を出し合って、そのために何をなすべきかを、話し合い、実践して行きたいと思います。NPO活動での学び合いを通して成長し、皆で次のステップへ進みましょう。

【運営委員会が始動します!】
去る3月2日に行なわれました第3回理事会で、多様な価値観に対応し、自由闊達な組織運営をめざして、組織活動のコアになる運営委員会の中に、八部門の部会と、8名のリーダーが承認され、運営委員会が始動しました。他のどこにもないようなフラットで「アメーバ型の組織」です。理事長を始め、理事会や事務局も含め、会員は全て平等で、一つの輪の中に入っています。この輪の中に自主性と全体性を尊重した無数のグループが生まれる土壌、「場」をつくり、そこで生まれたグループは、2,3人〜5,6人〜数十人のチーム、サークル、ブランチ、サロンなどと、それぞれの名称で呼ばれ、「気」をコンセプトに活動するネットワークとして作用します。家族のように気の合う、生き生きとした組織が、全国に無数に生まれ育つことを夢見て、皆様のご期待に応えていきたいと思います。
〔組織イメージ図〕入れる。

理事会で承認されました運営委員会の各部会の名称及びリーダーは次の通りです。
ヾ覯萇会(東田樹治)
∪弧心超研究部会(江幡好史)
A換饕楼莖萋杏会(友野恵子)
す餾欷鯲部会(鳥飼美和子)
ダ験恭惱部会(日向寺みどり)
Τ惱儻Φ翩会(秋村裕彦)
Ч報出版部会(川上直行)
┿務局(矢野美智子)
只今、運営委員会の全ての部会で、正会員・活動会員を募集しております。次なるステップへ向けて、皆様の積極的な参加をお待ち致しております。「組織が人を動かす」のではなく「人が組織を生かす」ことによって組織が動く。そんな理想を追いたいと思います。

「毎日の気功シンプルレッスン」外山美恵子著(学研DVD-BOOK)日輪常転、飛天運気、丹田笑呼吸法などの100日練功、初めてみませんか?

〔コラム〕ミニ知識
【アメーバ型の組織って?】
アメーバ型の組織とは、1人ひとりが主体性を持ち、各部門やグループ(アメーバ)は独立した事業体として活動しながらも、全体の一部として機能している状態を目指しています。個々のアメーバがそれぞれ活動する結果として、全体の活性化を同時に実現させていこうとするものです。世に言うアメーバ経営では、神経細胞のように部門間同士で相互作用が図られることで、社員および部門の自主性と会社全体の方向性が調和することを目指しています。この「個」と「全体」の調和を実現する組織の考え方として近年注目を集めています。
posted by: simplelesson | - | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
あけましておめでとうございます。
NPO法人「心とからだの研究会」 初めてのお正月を迎えて
                NPO法人心とからだの研究会理事長 外山美恵子  
明けましておめでとうございます。
 皆様には、希望に満ちた輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。「心とからだの研究会」がNPO法人となって初めてのお正月。創設からでは28周年目を迎えます。これまでのご支援に心より深く感謝申し上げます。今年も、生命の一層の輝きをめざして、私たちにしか拓けないような素晴らしい道を、皆様と共に切り開いて行きたいと思います。活動元年にふさわしい夢を語り、未知なる可能性に挑戦していきましょう。
【地域貢献活動を重点に】 
「NPO法人心とからだの研究会」は、社会貢献を使命として、昨年、理想的なスタートを切ることができました。地域社会、地域住民から信頼され、期待されるNPO法人をめざして、確かな一歩を踏み出したばかりですが、昨年の神奈川、東京、広島に続いて、今年は関西でも定期的なセミナーが開かれる予定で、秋頃までには水戸でも活動が始まりそうです。「ワンコインで幸せ作り」の地域貢献活動が、点から線、線から面、そして全体へと拡がり地域の隅々まで、できるだけ多くの方々が、その恩恵に浴せるよう、皆で協力し合って進めていきたいと思います。
【存在感のあるNPO活動をめざして】
 心の豊かさや生命の一層の輝きを実感できるような一年にしていくために、当研究会のコンセプトである「気」をテーマに、気に関する研究を柱として、ホリスティックな医学や教育、生涯学習ということを常に念頭におき、生命環境を考えた具体的なライフデザインの提案をしたいと考えています。日常生活の中でも存在感のある「NPO法人心とからだの研究会」の活動をめざして、皆様の知恵と力を結集し、毎日のシンプルなレッスンを実践、広めて行きたい所存です。今後も、会員各位の満足される状態の創出に取組んでいきたいと決意を新たにしております。  最後になりましたが、皆様におかれましては、2008年を実りある年とすべく、一層の奮起と活躍、そしてチャレンジをお願い申し上げると共に、ご家族の皆様共々のご健康とご多幸を心から祈念して、年頭の挨拶とさせて頂きます。(NPO法人心とからだの研究会機関紙新春号より)

昨年は、環境NGO「北京地球村」(北京地球村環境教育センター)の主任顧問であり、当「NPO法人心とからだの研究会」の特別顧問でもある、峨眉養生学派第十四代伝人の張明亮先生より「一分間養生操」を教えて頂きました。気功入門者向けの5つのシンプルなレッスンです。「毎日の気功シンプルレッスン」(学研DVD-BOOK・外山美恵子著)を通して、私たちが提唱している気功へのアプローチの方法を、支持して頂けたようで大変嬉しく思いました。毎日1分でも、シンプルなレッスンを今年も続けていきましょう。
posted by: simplelesson | - | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
感動の気功との出会い
地域活動グループ紹介:広島県福山市「気功サークルいきいき」

「感動の気功との出会い」 広島県福山市・藤間千明(鍼灸師・73歳)

三上人美先生が福山市の御幸公民館とご自宅の治療院を開放して、外山美恵子先生の書かれた「毎日の気功シンプルレッスン」(学研DVD-BOOK)をテキストに、気功をされていると伺いました。体験レッスンに参加して、先ず驚いたことは、三上先生が気功の指導者になられて、ご自分の次元を素晴しく高められていたことです。気功は「人間の存在」そのものの次元を上昇させてくれるプロセスをもっていると気付かせて頂きました。気功体験は、私にも素晴しい内容の意識変化をもたらしました。気功が始まって、時間の経過と共に心が安らぎ、時間の流れが緩やかになって全身の緊張がとけていったのです。心の中の雑念が消え、心とからだが癒されていくのが感じられました。身体の随所に筋肉の硬直があることも解り、自分自身を深く反省できる、気付きを頂けました。
今、私は鍼灸師という仕事をしながら73歳になるまで、気功に出会えなかったということが悔やまれてなりません。けれども、こうして気功に出会えたことは、本当に幸せなことだとも思えます。自分の老年期を充実した生き甲斐のあるものにしていけると確信したからです。
現在、私は福山市の高齢者福祉施設「備後の里」で、寝たきりゼロをめざして、60分1,000円で鍼灸の有料ボランティア、在宅・出張ケアーをしています。これからも気功を学び、実践して「寝たきりゼロをめざして」死ぬまで元気に働き続けたいと思っています。73歳になった今でも、自分をいたわり、癒すことや、自分の命を大切にして生きることが、とても難しいと思っています。外山先生の感動の気功にめぐりあい、またその気功を指導して下さる、三上先生がそばにいて下さることは、大きな喜びでございます。すべての生活の中で気功が生きていると感じました。気功は高齢者にも出来る!高齢者こそレッスンを!と、声を高くして「寝たきりゼロをめざして」行きたいと思います。

※「気功サークルいきいき」は福山市御幸(みゆき)公民館で毎週金曜日午後7時30分〜9時まで行われています。お問い合わせ先:三上治療院084-955-6112、又は三上はり灸接骨院084-976-1509まで。(機関紙創刊記念号より)

posted by: simplelesson | - | 07:55 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |
機関紙創刊記念号より“ご挨拶”
共に生きる新しい時代を迎えて    NPO法人心とからだの研究会理事長 外山美恵子

「心とからだの研究会」は、本年8月17日、法人登記を完了して、「特定非営利活動法人」(NPO法人)としての新たな第一歩を踏み出しました。

機関紙創刊記念号より、NPO発足にあたってのご挨拶の一部を転載します。

1980年の創設以来、27年間の歳月をかけて育んで参りました「心とからだの研究会」のスピリット(精神・魂)が、NPO法人設立を機に、本来の目的に向って更なる飛躍をしようとしています。「一人でも多くの人が幸せに暮らせるように・・・」と云う素朴な夢に向って、「自分の健康は自分で創る」をテーマに活動してきました。これからも今まで通り「さわやかに、しなやかに、すこやかに」を合言葉に、様々な形で「元気の種まき」をし、皆の力を合わせて夢実現へ向けて活動して行きたいと思います。

一人ではなかなか叶えられない夢も、その夢の実現に向けて少しでもお手伝いをして下さる人達がいれば、皆の力を合わせることで、素晴しい結果を導き出すことが出来ると信じて、ここまでやって参りました。共に生きる新しい時代を迎えて、今回、NPO法人の理事長という大役に、身が締まる思いですが、幸いなことに、今まで一緒に励んできてくれました大勢の理事の方々をはじめ、新しくご参加くださったメンバーにも恵まれ、お蔭様で、本当に理想的な素晴しいNPO法人を設立することができました。これも一重に、皆様方の深いご理解と暖かいご支援のお陰と、心から感謝申し上げます。

社会的使命と役割を担って

NPO法人設立からあっと言う間に1ヶ月が過ぎ、こうして無事に機関紙が発行できますこともありがたく、感慨もひとしおです。来るべき超少子高齢時代に向けて、いよいよ本格的な社会的活動が期待され、その使命と役割を担って活動して行く時がきていると、強く感じる今日この頃です。
これからは理事の方々を中心に、運営委員会で具体的な活動に向けて、会員の皆様方へアンケート調査を実施するなど、会員の皆様が手をつなぎ、楽しく活動が推進できるよう努力して参りたいと考えています。
 崋立と共生」をキーワードに、∪犬されて生きていることへの感謝の心を忘れず、自然と調和して、ぞ亟蕕寮笋┐覆な襪蕕靴鬚瓩兇掘↓イ茲蠏鮃的で人間性豊かな社会づくりに貢献することを目的として、多彩な活動を展開していきたいと考えています。私と致しましても、微力ながら最善を尽くして目的に向って進んで行く所存でございます。今までにも増して、今後ともよろしくご指導ご鞭撻下さいますようご挨拶申し上げます。

最後になりましたが、趣旨にご賛同下さる方々のご入会を心よりお待ち致しております。
posted by: simplelesson | - | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
NPO設立趣旨書・七夕の願い
今日は、2007年7月7日、七夕です。大分、ご無沙汰してしまいました。
七夕の願いとして、「設立趣旨書」のご紹介をして、事業目的に向けての順調な歩みだしをお祈りしたいと思います。少し長文ですが読んでみて下さい。そしてご賛同頂けるようでしたら、是非ご入会下さい。「毎日の気功シンプルレッスン」(学研DVD-BOOK・外山美恵子著)の普及活動にも力を入れて行きたいと考えています。

NPO心とからだの研究会・設立趣旨書
21世紀は「心の時代」といわれています。「環境の時代」ともいわれるようになり、物質中心の競争の時代から、心の豊かさや、自然・環境の豊かさが求められる「共生の時代」へと変化をしています。しかし、現実には、生活習慣病や少子高齢社会における様々な先行き不安など、多くの問題を抱え、ストレスを感じながら暮らしています。人が人として、自然と調和し、心身ともに健やかに天寿を全うするためには、私たち一人一人が自ら進んで変化し、ホリステイック(包括的)な視点に立って、共に生きる新しい時代へ向けて、真摯に取組む姿勢が重要だと考えます。

1980年、当会の母体となる任意団体「心とからだの研究会」は、「心身一如」の考えのもと、健康で生き甲斐のある暮らしを求めて、“自分の健康は自分で創る”をモットーに、「一人でも多くの人がしあわせに暮らせるように」という思いに共感する人々が集まり発足しました。以来、創立27周年を迎える今年に至るまで、心とからだの両面からアプローチできる「気功」を大きな柱として、各種セミナーやワークショップなどをはじめ、国内や海外での研修を実施し、健康・生命・環境等、幅広い分野について学びながら、気功の指導員も養成してきました。
1996年より、恒例となった年に一度の市民公開講座、「気は未来を開く」と題した「ヒーリングステージ」を開催し、今日まで、高校生から90歳代に至るまで多くの人々が集い、世代を越えた交流を行うなど、福祉や青少年の育成活動にも力を注いで参りました。また、公開講演では海外からの講師や芸術家を招くことができるようになり、藤沢市及び藤沢市教育委員会をはじめ、多くの地元有力メディアの後援を頂くとともに、新聞、テレビ、雑誌などでも取り上げられました。
2006年3月、当会代表・外山美恵子の著書『毎日の気功シンプルレッスン』(学研DVD-BOOK)が発刊されたのを機に、活動は全国に広がりつつあります。さらに、同年11月には、藤沢・昆明友好都市提携25周年行事に参加し、昆明や峨眉山を訪れ、国際交流を深めることもできました。こうした背景の下、私たちの活動を更に確固とした社会的な基盤と信用の上に立って発展させるべく、この度、NPO法人化することに致しました。

今後は、これまでの積み重ねの上に立って、すべての人々が健康や生涯学習への関心を深め、意識を高められるよう、学びや交流による「気づき」の機会を積極的に提供していきたいと考えます。具体的には、「気」をテーマに学び、病気の予防や治療、心のあり方など、いのちの向上に役立つ事柄を、家庭、地域、学校、企業や団体、専門家の方々とも連携して実践していきます。そして、自己の確立とともに共生の心を育み、お互いに個を超えて、より良い社会を創ることを楽しみ、生き甲斐となるように、自利利他の精神で活動の輪を拡げていきたいと思います。

私たちは、生かされて生きていることへの感謝の心を忘れず、笑顔の絶えない暮らしをめざして、自分磨きの“気づきのトレーニング”を日々実践していこうと思っています。自然と“調和する”ことで生の喜びと安らぎを知り、より高い境地で、いのちの輝きを燃焼させることができるように、「いかに生き、いかに往くか」という、生・老・病・死の全てのステージで「いのち」の営みをしっかりと見据え、ホリスティック(包括的)な観点から、より健康的で人間性豊かな社会づくりに貢献することを目的として、多彩な活動を展開していきたいと考えています。

   平成 19 年 5 月 13 日
        法人の名称 特定非営利活動法人 心とからだの研究会
              設立代表者        外山 美惠子
posted by: simplelesson | - | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
試してみませんか?気功!
お正月、普段会わない親戚に会った。
一番若い弟も、団塊の世代、還暦を迎える。
集う者たちも寄せる年波、皆元気にはしているが、
それでも打ち解けた話になると何かしら体の不調を訴える歳になっている。

沢山の賀状を戴いた。
一年に一度の便りが無事を知らせてくれている。
でも、元気な人ばかりではない。
添え書きに、入院した、患っていると、ある。

思わず、「試してみませんか?気功!」と、心の中でつぶやく。
気功!と、云わなくてもいいのですが、少しでも元気でいられるように、
朝起きたら、中心を通して真っ直ぐ立ってみる。両手を上げて伸びをする。
体をひねり、腰を回して、膝の屈伸、足踏みをする。そしてにっこり笑う。など何でもいい。からだを動かすことから生まれる爽快感で身も心も洗われ元気になる。そんな気の動きが自然にでてくるようにするのが「毎日の気功シンプルレッスン」の真骨頂なのだ。

「本当に試してみませんか?気功!」といっても、多くの人達には、やはりなかなか難しい。そんな人たちへ向けて、それでも「流れる水は腐らない、気血の流れを良くしていこう」と、声を掛けていきたい。

これからは「試してみませんか?気功!」の、出前のような講座や、コラボレーションできるセミナーなどの企画を立てて行きたいと考えている。どうぞお気軽に声を掛けて下さい。勿論、じゆう工房(藤沢にある気功教室)の無料体験もご利用下さい。
そして、気功の良さを実感して「試してみませんか?気功!」と、言える人が一人でも増えてくれたら嬉しい。
posted by: simplelesson | - | 15:58 | comments(0) | trackbacks(4) | - | - |
「心して生きる」を胆に銘じて
初夢を見ました。
とても気持ちの良い、楽しい夢でした。

目が覚めて、それが夢だと気付いた後に、
これが今年の初夢だと思い至り嬉しくなりました。
しかも、朝方ですから正夢です。きっと!

でも、こんな風に「初夢だ!」と、驚きながらリアルに意識できた初夢は65歳の人生の中で初めてのような気がします。しかもこの頃は殆んど短い時間の熟睡で、夢など見ている余裕もなかった毎日でしたから、夢を見ただけでも驚きなのです。


昨夜は1月21日(日)に予定されている「NPO設立準備会」の進め方について、
あれやこれや考えを巡らせながら眠りに付いたのです。夢が膨らんでいくのを感じ、それと同時に同じだけの大変さや困難もあるだろうと予測し、それでも「参加した皆様が生き甲斐のある人生だと感じ取って下さるような活動をしたい」と、念じながら眠りについたという訳なのです。

初夢の内容というのは、その続きでした。
古くからの友人が「期待しているから、しっかり頑張ってやって欲しい」というのです。

妙にのんびりした田舎の温泉帰りの、どこかの路上のようでした。車を路肩に止めて、傍らに親しい人も何人かいて、みんなで爽やかな風を感じ、いい空気を吸いながら談笑していました。暗黙の了解の中で「力を合わせていこう」というようないい雰囲気が漂っていて、皆の目の奥というか、心の奥が輝いているようでした。少なくとも私の心の奥は輝いていました。

目が覚めて、ウン、ウンと、うなずいて、皆さんの期待を裏切らないようにしっかりやらなければと、ある種の責任感のようなものの中で、夢がふくらんでいくと同時に、「心して生きる」ように、と、天から降りてきた言葉のように内側から湧いてきた言葉を胆に銘じた、爽やかな朝でした。

皆様のお智慧、お力をお借りして、この夢のような、のどかな雰囲気で、でも確実に一歩一歩進めて行きたいと思います。皆様の夢実現と私達の夢実現がひとつになって、健やかな日々や、よりよい社会の実現が出来ますよう、ご協力よろしくお願い致します。


posted by: simplelesson | - | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |